現在の閲覧者数:
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links
ブログサークル
ランキング
バナー
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 361日目。実習オリ!ひぃぃぃ | main | 362日目。楽しい >>
2017.01.24 Tuesday 23:39 | りょは〜ゆ
入試のこと3(看護学校にはいるまで)&受験前の悩みを考えてみる3

JUGEMテーマ:看護系学校受験



すっかり忘れていたこのテーマ!!
受験した時のスケジュール帳にかきとめていたメモが見つかったので、それを書きながら考えてみたいと思います。
今回は面接編です。

そしていつもの口上をっ。

忘れないうちに書き残しておきたいシリーズ、看護学校に入るまでのキロクです。
毎回長くなることが予想されます。読んでもいいよ、という人だけ、続きを読むから進んでくださいね。

また、考えてみるのはあくまで私の一個人の考えです。正しいとは限りませんので、ふーん、ってかんじで流していただければと思いますw
まず、記録から。

この学校は、一次試験を合格した人が対象の二次試験として面接を行なっています。
学校によっては、筆記試験と同じ日に行う場合もあります。

朝、8時30分以降から受付がはじまりました。
そのあと、大きな部屋で合同オリエンテーションが行われ、個人面接と集団面接が行われました。

個人面接は最後から2番目!集団面接は3グループで10時からの予定でした。
同時進行ですが、被らないようにうまく調整されていました。

呼ばれるまでは待機です。
周囲の緊張感はMAX!空気が重く、怖い。息を潜めている感じ。よけいキンチョーするってば!
…と、私のメモには書いてありましたw

小さな会議室のような部屋で面接官3人に対して1人の受験者で行う個人面接。
1つの部屋に17人ずつ割り当てられていました。順番になると1人ずつ待機場所まで呼びにきてくれました。
待ち時間がものすごく長く感じられ、本を持ってくればよかったと悔やみました。

子どものこと、家のこと、協力が得られるかどうか、夜勤になっても大丈夫か(1日だけ夜勤の実習があるそう)、熱意、志望理由はもちろん、です。どうなりたいのか、なんてことも。
人によっては看護と介護の違いなんかも。まあ、これは医療行為が伴うかどうかなんだけど。端的に言えば。

何を聞かれてもいいように準備してあることよりも、思いがけないことを聞かれた時の反応を見ていることが多かったように感じましたね。この学校のどこがよくて希望したのか、答えられるとハナマルかもしれなかったです。

集団面接は、集団面接という名前のグループディスカッションでした。
テーマがあって10人以内のグループで25分程度話し合う、というものです。半分くらい社会人でビックリしたのを覚えています。新聞や社会問題なんかをいつも気にしているといいかもしれないですね。

集団面接の攻略本なんかみるとわかるけど、タイムキーパーという時間係、リーダーなどを決めてから行います。
率先して役を買って出たり、発言したり、あなたはどうですか?と発言がない人に振ったりすることをやっていくといいようなことが書いてありますね(私はパラパラと立ち読みしただけなのではっきり読んでないですけど笑)。

実際には、しっかり仕切っていた人、合格されていませんでした。だからどこを見られていたのか正直よくわかりません。しっかり人の話をきいて、知ったかぶりをすることなくがポイントですかね?
話をしっかり聴ける人、自分の意見を持っていても押し付けない人は、実習や授業で行うグループディスカッションでも大事です。繋がってるのかな???よく受かったな、私…。(補欠だったけどっw)



緊張して間違えたり、どもったりしても、減点はされていないことが多いと聞いたことがあります。絶対ではないでしょうけど、そんなことより、もっと大事なことを見ているのだということです。

たとえば伝えたいことをどれだけ熱意を持って伝えられるかが大事なのではないか、とか、社会人の人は経験しているからこそこの職業を目指す理由みたいなものがあると思うので、それを伝えたり。
質問を最後まで聞いて、一呼吸置いてから話をすると落ち着いて話せたりします。


いかがでしたでしょうか。
面接でこうしたらよかった、こうしたほうがいい、という意見や体験を聞かせてもらえると嬉しいです。
前回と大きく間が空いてしまってすみませんでした。一意見として参考にしていただけると。

あ、服装はスーツでね(笑)

0
    応援! ブログ村ランキング
    | 看護学校にはいるまで | comments(4) | - |

    Comment
    久しぶりにコメントさせてください!
    相変わらずブログ楽しみにしております。
    あれから、子供のことは準備体制を整えはじめ、家族の理解も得られ、さぁ、来年頑張るぞ!
    と意気込んでいますが、色んな方の主婦看護学生ブログを見てるうちに不安なことばかりが。。。
    『確実に単位とってきたのに卒業させてくれない先生がいる』
    『頑張って単位とってきたのに留年させられた』
    『小さい子がいるということで、受験に合格させてもらえない』
    などなど、不安なことばかり…
    在学中の大変なことは十分理解しているつもりですし、命を預かる仕事だから先生も実習先も厳しい方がいるのは我慢できます。
    ただ、頑張っているのに卒業させてくれない学校なんてどうやって見極めたらいいのか…
    もちろん、オープンキャンパスや学校説明会は参加しますが、それだけでそこまで見えてくるものなのか、オープンキャンパスなどでどんな質問をしていいのか、ハテナだらけです。
    そもそもそんなブラックな学校が存在するのか…
    と。
    すみません、長くなりましたが、お答えいただける範囲でかまいません。
    教えていただけたらと思います。
    あゆみ
    2017/01/26 16:21

    コメントありがとうございます。
    お返事遅くぬってすみません。

    実際、先生の差別を受けたひともいるみたいですが(うちの学校にはないですけど、たぶん(笑))、子どもがいるから合格させないというのは、学校方針があるんですかね?単位をとれれば基本的に留年てあり得ないんですけど、なんかあった人なのでしょうか。

    いずれにしても、本当にそうなのか、というのはなかなかわからないですよね。

    進級や入学などについて、はじめからそういう基準があるなら受験する前に知っておきたいですよね。

    そこは学校に直接聞いてしまいましょう。
    教えてくれないところは受験料集めのところもあるそうです。まあ、私も聞いた話なので、真偽はわかりません。
    実際、おとされた理由が子供がいるから、ではない場合が多いように思います。

    あとは、文明の利器、学校名でズバリ検索かけたり、掲示板使うとかして情報を集めるのもありです。ただ、妬みややっかみでかかれた嘘情報も混ざっているので参考程度に。

    参考になれば幸いですー。

    りょはーゆ
    2017/01/28 13:36

    お忙しい中、ありがとうございました!
    そういうことは直接学校に聞いてみていいんですね!
    情報が溢れすぎて私の中の情報まで溢れはじめています。笑
    また色々調べてみます!
    あゆみ
    2017/01/31 00:48

    あ、調べたりするときは、もちろん匿名でもいいとおもいます。
    質問はメールで受け付けてるところもありますので、イベント以外でも気になったら聞いてみるといいとおもいます。

    モヤモヤしてるのよくないので、早目に解決したいですねー。
    りょはーゆ
    2017/01/31 06:28

    It comments.