現在の閲覧者数:
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links
ブログサークル
ランキング
バナー
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 課題に押しつぶされる。。。 | main | 19日目。散々だー >>
2015.05.06 Wednesday 09:34 | りょは〜ゆ
私の受験勉強…???(看護学校にはいるまで掘
JUGEMテーマ:看護系学校受験


忘れないうちに、書き残しておきたいシリーズ、看護学校に入るまでのキロクです。
毎回長くなることが予想されますw読んでもいいよ、という人だけ、続きを読むからすすんでくださいねww

一応、本気スイッチの入った私は、もう一度くまなく学校案内のパンフレットを読み、願書と一緒に提出する書類や写真をチェック。
季節はすっかり秋。まだまだ暑い気がするけどw

高校の卒業証明書????学校にもらいに行かなくちゃいけないの???ってことは、仕事あるから厳しいよ〜なんて思っていたら、ちょうど息子の高校説明会のプリントがきて、母校の説明会が近くにあると判明!

一応公立高校はいくつか狙わせていたので(当時は)、学校を間近で見て、やる気がおきれば一石二鳥だな、とか思いつつ、説明会に参加することにしました。それを理由に仕事も休んで、ついでに証明書をもらってこようという魂胆(笑)

勉強のほうはというと、スイッチがはいった割には形から入っていく私。
書きやすいノートがいいなぁ、とか(お気に入りは、ロジカルシリーズ)、シャープペンは、クルトガにしようかな、でも、オレンズも捨てがたい…wのような感じ。

文房具大好きな私は、文房具屋さんに行っては満足する日々。本屋さんでもしかり。

まず英語!!必須!レベルは英語機
スーパー基礎英語塾って本(すっごくおもしろい)のを読んで、とりあえず英語を基礎からやり直さねばと。
○時間でわかる中学英語とか。

結局ほとんどできんかった。。。昔はペンパル(英語で海外の人と文通する)のもやってたり、英検もってたのに。
もともと英語は興味があって、好きでいろいろやっているんだけど、身になっていないというか。
ぜんぜんできないんだよねぇ。

単語を覚えていないのが致命傷…。文法は、基礎英語塾でわかったんだけど、やっぱり感覚になっちゃうんだよね。

あれ、変な文だなぁ、とか。私の場合はそれで合ってるからいいんだけど、そういうへんだなぁっという感覚だけよくて、間違っているのはどれかっていう問題なら強いってことなんだよね。

発音が違うものはどれかっていう問題が毎年必ず出ているみたいなんだけど、口に出して読まないとわからないという難点が。ええい、英語は聞き流すやつだけ続けて後回し!!!ってことにした。

私は数学、生物の選択を、生物にしているので、(数学なんて絶対無理)昔得意だった生物に!!って、本屋で探してみると、生物機供生物基礎??みたいにいろいろで。よくわかんないけど生物基礎を買ってきて、まぁ正解だったんだけど。それをやりました。


ぱらぱら中身を見てみると、あれ、こんなの習ったっけ?覚えてないっ!というのがオンパレード。やばい。普通の問題集じゃだめだ!!と。

そこで、私が購入したのが、「カリスマ講師の日本一成績が上がる!魔法の生物基礎ノート」ってやつ。

やり方は簡単。ページを開くと、左ページ解説、右ページ手書きノートのお手本?が書かれていて、それを自分のノートに写していく、という。。
IMG_1598-1.JPG丸写しでもいいらしい。でも、私は隣の解説を入れながらノートを作っていきました。汚くて申し訳ない。お見苦しい点はお詫びします。。



ノートは節約仕様になっているので、一ページに一枚ではなく、二ページくらい続けて書いているときもありますが、私は書いて覚えるタイプなのでとっても助かります。
どう書いていいのか、ってのがわかるし。

というわけで、仕事の合間に、帰ってきてから寝る前に、いろんな誘惑に負けながら(オイ)少しずつ進めていったのです。
ちょうど、仕事で、病棟異動になって、そっちの勉強も忙しく、ほとんど手をつけられなかったのが冬までの現状。
本当に本格的に、一日1、2時間しっかり集中して勉強ができるようになったのは、11月下旬!!!

生物だけで精一杯だな、と確信した私(オイ)
国語は、もうね、あきらめました。もともと国語は得意なので、私の漢字知識で漢字はいけそうだったし、現代文の問題は、しっかり読んで、意味を理解すればなんとかなる、、、ということにしました(笑)


周りの社会人受験生は、予備校に仕事終わりに行っていたり、ずっと前から勉強していたようです。
当たり前か。

わたしがだめなだけで。あんまり参考にならないね、すみません、ごめんなさい。
予備校に行くお金も時間もないし、しょうがないっていえばしょうがなかったんだけど。(と、いいわけ)

だから、一応受かりたいには受かりたいけど、だめでもともとだったわけだし、落ちたとしても、母ちゃんは言った事は実行するぜぃ!みたいな、受験することに意義がある!的なところで、半分あきらめもあったのだと思います。

尻に火がつかなければ始められない、夏休みの宿題をぎりぎりでやるような。子供には散々余裕を持てといっておきながら、これですよ。わはは。
0
    応援! ブログ村ランキング
    | 看護学校にはいるまで | comments(0) | - |

    Comment
    It comments.